大切な見直し

保険見直しで保険料の節約

何かあった時のために必要なお金を、保険で準備する場合、その保障されるお金を必要保障額と言います。必要保障額の準備は、特に保険に加入していなくても国の制度や企業の制度による社会保障で準備することができます。しかし、社会保障で必要保障額で全額準備できるという人はほとんどいなく、そのすきまを民間の保険で埋めることになります。保険見直しすると、そのすきまをすべて保険で準備すると保険料が高いことに気づきます。その必要保障額の準備のすきまを保険だけでなく、保険と貯蓄、運用の3つの分けるとトータルで支払う保険料が少なくすることができるのです。これが保険見直しです。保険相談するのであれば保険見直ししかしないところよりも保険と貯蓄、運用などの相談ができるところのほうが効率がいいのです。

保険と貯蓄のバランス

保険見直しすると、保険だけでなく貯蓄や運用の3点で必要保障額を準備していったほうがいいことがわかりますが、現役で払いているときは労働収入が入ってきます。しかし、貯蓄や運用といっても必要保障額を準備する初期の段階では、貯蓄と運用では長期で資産形成していくものですので非常に難しいです。その必要保障額を準備する初期の段階においては保険で準備をするのが正しい順序なのです。保険には即効性があり大きな金額を準備できる特徴があります。しかし、使い道が限定されます。保険の保障期間と使い道が限定できれば保険料は少なくすることができます。そうすると保険料の総額は少なくなるのでその分は貯蓄に回すことができるのです。